ばうあーろぐ TOP へ戻る

ジャックバウアーの名言 #6

シーズン8 午後9時から10時の出来事

プロジェクトにおけるリスク管理はとても重要です。

毎度おなじみジャックバウアーの潜入捜査で、ジャックバウアーが買い手として前金を振り込むシーンです。

リスク管理とはどのようなものか見ていきましょう。

テロリストA「核兵器買いたいとか言ってる客が来てるんですけどー?」

テロリストB「そんな危ない取引するわけねーだろ。前金だけもらって片付けとけよ」

テロリストA「へーい」

こんな会話が裏でされつつ、ジャックバウアーはテロリストたちと交渉していきます。

テロリストA「へーい」

その後、ジャックバウアーが口座に振り込むと、テロリストたちが豹変してジャックバウアーを殺しにかかります。

あぶない!ジャックバウアー!

そこはもちろん、CTU捜査官がジャックバウアーの仲間を装い、テロリストを1人残して一掃します。

そこでテロリストに言い放った言葉がこちら。

 「おれをみくびってたのか?一人で来る訳ない!」

「おれをみくびってたのか?一人で来る訳ない!」

当然です。一人で来る訳ありません。

プロジェクトにおいて、事前に想定できるリスクと、プロジェクト最中に起きるリスクがあります。こちらに関しては、潜入することが決まった時点で、容易に想定できるリスクですね。だからこそ、「実は一人じゃない」ではなく、「一人で来る訳ない!」なのです。そう、こんなのは事前に想定できて当たり前です。少なくともジャックバウアーにとっては朝飯前。さすがジャックバウアー。

まとめ

もし記事内に誤りなどございましたら、 @girigiribauer までご一報いただけると助かります。