ばうあーろぐ TOP へ戻る

ジャックバウアーの名言 #15

さて、もうそろそろ「JackBauerテクニックバイブル本」か「パーフェクトJackBauer本」の執筆依頼が来る頃ではないかと思います。気長に待ちます。

シーズン5 午後5時から6時の出来事

鬼畜バウアーに圧倒された登場人物には、幾度となく触れてきましたが、もし相手側も鬼畜だった場合、ジャックバウアーはどう対応するのでしょうか?

自分の意見をはっきりと相手に伝えたとき、相手側が噛み付いてきたときなどに流用出来るかもしれません!早速見ていきましょう!

元CTU上司であるクリストファー・ヘンダーソンが、どうやらテロに関与してるっぽく、家に忍び込んで奥さんを尋問しているところです。そこへヘンダーソンがやってきました。

さっそくジャックバウアーは、元上司であろうと関係なく、尋問を進めます。

ジャックバウアー「神経ガスはどこにある!?」

ジャックバウアー「神経ガスはどこにある!?」

ヘンダーソン「膝からやれ、私の教えた通りに」

ヘンダーソン「膝からやれ、私の教えた通りに」

なんとびっくり。この人、尋問され始めるのと同時に後進の育成に手をかけ始めました。本物です。

ヘンダーソンさん、この後立て続けにジャックバウアーを追い込み続けます。さすが鬼畜師匠です。。。

ヘンダーソン「やるならやれよ、さっさと撃て!」

ヘンダーソン「やるならやれよ、さっさと撃て!」

ヘンダーソン「どうした、早く撃て!」

ヘンダーソン「さあ撃て!」

元上司、手加減なしに元後輩を追い込みます。ジャックバウアーがゴール、目的のために全力を尽くせるようになったのも、彼のおかげなのかもしれません。

だがしかし!

この元上司の予想を上回るスピードで、後輩であるジャックバウアーは成長していたのでした。

なんと、横にいる奥さんの足を銃で撃ちます。

(Bang!)

ヘンダーソン「・・・!?」

ジャックバウアー「撃ったのは膝頭の上だ!神経ガスはどこにある!!」

ヘンダーソン「何をするんだ、この人でなし!」「・・・なんて奴だ!」

一見すると、お前は鬼畜だと言っているように見えるかもしれません。いいえ間違っています。

ヘンダーソンは、もうお前に教えることはない、と言っているのです。

ヘンダーソンは、目的意識を持ってやることが大事だと常日頃から教えることで、ジャックバウアーにもその考え方が染み渡ってきたようです。彼の努力もあり、師匠を超え、今後の活躍がより一層楽しみなジャックバウアーです。さすがジャックバウアー。

まとめ

もし記事内に誤りなどございましたら、 @girigiribauer までご一報いただけると助かります。