ばうあーろぐ TOP へ戻る

ジャックバウアーの名言 #16

シーズン5 午前12時から午後1時の出来事

業務フローの見える化はとても大事です。

シーズン5における、ジャックバウアーの業務の1つである尋問について見ていきましょう。

状況的にはこんな感じです。

CTU職員「やべー、大統領の側近に内通者いるじゃん。どーすんの?」

ジャックバウアー「おれもうCTUメンバーじゃないし、ちょっと行って片付けてくるわー」

CTU職員「いざとなったら知らんぷりするわー」

(大統領のところへ…)

ジャックバウアー「大統領!お宅の補佐官がスパイなんです!」

ジャックバウアー「大統領!お宅の補佐官がスパイなんです!」

という感じで、大統領の目の前で首席補佐官から情報を引き出すシーンです。

ジャックバウアーが大統領と補佐官のいる部屋に突入し、まずは軽くジャブを放ちます。

ジャックバウアー「聞け!ここからは手加減なしで行く。覚悟は出来てるか。」

手加減してたんですね。さすがです。

その後、彼はこんなことを喋り始めます。

ジャックバウアー「まずおまえの右目をくりぬく。次は左目だ。そして全身を切り刻む。」

ジャックバウアー「まずおまえの右目をくりぬく。次は左目だ。そして全身を切り刻む。」

・・・恐ろしいですね! でもポイントはそこではないのです。

相手に分かりやすく自分の業務の手順を伝え、即座に業務フローのイメージを共有しているのです。さらにここでは、ジャックバウアーは言葉だけでは伝わらないのでは?と思い、目の下あたりにナイフを当て、実際にここから順に始めるんだよ!と分かりやすくレクチャーしています。

その結果もあり、この補佐官はなかなか本当のことを言わなかったのですが、ジャックバウアーが来てからというもの、30秒で本当のことを吐いてしまいました。これが業務フローを見える化した結果です。

すぐに結果を出す男。さすがジャックバウアー。

まとめ

もし記事内に誤りなどございましたら、 @girigiribauer までご一報いただけると助かります。