ばうあーろぐ TOP へ戻る

ジャックバウアーの名言AdventCalendarはいかがでしたか?

この記事は書かれてから1年以上が経過しており、最新の情報とは異なる可能性があります

ジャックバウアーの名言Advent Calendarのまとめ記事です。

もしそう思っていただける方が少しでも居れば、やった甲斐があったというものです。ただ、例え閲覧者0人でも今回は構わないとさえ思ってます。

なぜやろうと思ったか

ジャックバウアーの名言 #1の冒頭で、やろうと思ったきっかけを軽く紹介などしていましたが、実は超個人的な裏テーマがありました。たぶんこれが無ければやっていなかったことでしょう。

これらについて少し触れたいなーと思います。


アウトプットをもっと頻繁に行う

僕の2012年の目標は『アウトプット』でした。ですが、11月後半までの有り様はそれはもうひどかったです。ブログ書く書く詐欺も数多くありました。

なぜこの目標をたてたかというと、2011年は今まで知らなかったことを片っ端からインプットしていった年で、そのおかげで視野がぐっと広がったわけですが、反面消化不良のようになってしまって、もっとアウトプットして表に出していかないと、質の良いインプットは出来ないな、と思うようになりました。

インプットとアウトプット

インプット・アウトプットというのは、僕は息を吸う・吐くにとても近いものがあるなーと思ってます。

昔スイミングスクールに通っていたときのこと、上手く息継ぎをする方法についてその先生がおっしゃられていたことを、今も覚えています。

「上手く息継ぎするには、まず息を吐こう!息を吐くと絶対誰でも息を吸うしかなくなるからね!」

あーなるほどなー。たしかに。

けっこうこれインパクトがあってずっと覚えていて、さらに津田大介さんが書かれた『情報の呼吸法』という本も読んだうえで、上手く情報の息継ぎするには、まず先にアウトプットすべきなんじゃないかと思うようになりました。

インプット・アウトプットとリアルタイム

インプットやアウトプットが上手い人は、常にインプット・アウトプットを繰り返し行っています。このインプットとアウトプットのサイクルを高速回転できれば、それがリアルタイムに繋がっていくのではないかと考えています。

一昔前は、CGIプログラムによるチャットルームみたいなものもありましたが、このインプット(≒誰かが書いたのを見る)とアウトプット(≒自分が書いたのを投稿する)の間隔を出来るだけ小さく頻繁に行うと、実際の会話にどんどん近づいていくはずです。

知らない人に分かりやすくシンプルに物事を伝える

たぶん見てくれてる人は、TwentyFourについて知らない人がほとんどでしょう。

どうやったら、知らない人に対してシンプルに面白さを伝えられるかを、徹底的にやってみたかったのです。(今の自分なりには出来ていたと思いますが、もっともっとやれるはずだと思います)

Web制作において、目的を満たす機能を提供するのは当然なのですが、加えてそれを知らない人にどう分かりやすく伝えて、利用してもらえるか、を真剣に考えていく必要があるなーと常々思っています。

時には、UIの使いやすさに凝る必要があるかもしれません。

時には、テキストで説明しているところを、動きで示唆する必要があるかもしれません。

どの方法を取るにせよ、ゴールの1つは『知らない人に分かりやすくシンプルに物事を伝える』じゃないかなーと思っています。

まとめ

2012年のまとめっぽくなってしまうのですが、来年2013年は、もちろん自分の知らないことをどんどんインプットしていくつもりです。

ですが、それ以上に

  1. 自分の知っていることを
  2. それをまだ知らない人に
  3. 分かりやすく伝える

ということに注力していきたいなーと思います。

※コンプリートDVDボックスの開封の儀とかもやりたかったのですが、なんかまじめに書いてしまってこの流れのまま紹介してもアレなので自重します・・・。

この記事は書かれてから1年以上が経過しており、最新の情報とは異なる可能性があります

もし記事内に誤りなどございましたら、 @girigiribauer までご一報いただけると助かります。